こんにちは( ¨̮ )

今日は久しぶりのいいお天気でしたね!

最近では、私はスタッフが購入した材料を調べて管理表に入力する作業を任せて貰えるようになりました(ˊᵕˋ)

その中で初めてみた用語(まだまだほぼわからない用語ですが、、、)

【エラスタイト】

調べてみると

エラスタイトとは、防水を押さえコンクリートや土間コンクリートの伸縮目地などに入れる、板状のアスファルト系材料のことだそうです!

伸縮目地とは、温度変化による膨張・収縮や不同沈下などによってコンクリートなどに亀裂が発生すると予想される場合、亀裂の影響を最小限にとどめるために弾力性を持たせた目地のことを言います。

空隙のない材料で圧縮回復率が低いという短所があったそうなのですが、近年では繊維質を配合することによって、圧縮回復性が大幅に向上し、外壁や屋上などコンクリート、タイル、モルタルなどの各所に設置されるようになったそうです!

YouTubeで施行方法を見たのですが、目地板を設置したあと、高さを揃えたり、水平になるように調整したり、モルタルで固定していくときも、歪まないように注意したりと、中々難しそうな作業で、こんな手間がかかってるんだとびっくりしました!


ミヤビック株式会社
〒614-8084
京都府八幡市八幡今田15-40
電話:075-874-5113
FAX:075-874-2858