2021年11月の一覧

安全靴

みなさん、安全靴ってご存知ですか??

この前常務が履いてきておられて、こっそりつま先を触らせてもらうと、、、、めちゃくちゃ硬い!!なんと、鉄板が入ってるみたいなんです!

先輩に、『え?常識やで!?しらんの?』と言われてしまいましたww

そこで調べてみました!

安全靴とは、主に工事現場や重い機械・部品を扱う工場内や、鉱業、建設業などの足への危険を伴う作業場で使用される着用者の足を保護することを目的とした靴だそうです。

工事現場に行く時はみんな履いておられるみたいで、初めて知りました(ˊᵕˋ)

測量機

こんにちは!みなさんこの機材みたことありますか??なんの三脚でしょう!

建物を建てる前などに見かける測量につかう三脚です!!よく測っておられる時に、今通っていいんかな?って悩んだことありませんか?一見、写真撮ってるんかな?って思ってしまい私は通るのを躊躇した事が何回かありますww

測量は、新しく道路や建物などを造る時、対象となる現場がどのような状況なのか詳細な情報が必要となります。
例えば、新築物件を建てる際に敷地面積がどれほどあるか、土地の高低差はどうなっているか等の情報が無ければ建築物を設計することができません。
測量は、それらの詳細情報を得る為に行われる手段です。
測量作業は基本的に二人一組で行われます。
「高さ」や「角度」、「距離」など求めるものによって使用する機器が変わりますので、状況に適した機器を使用する必要があります!

1枚目の画像にのっている三脚の天端が丸くなっているのは、レベルを水平にセットし易いように丸くなっているみたいです。

本社にも測量機があるので、機会があれば少し覗かせてもらってみます(ˊᵕˋ)

安全書類とは、、、

こんにちは!今日は、安全書類って何?って思ったので調べてみました。

安全書類とは、建設現場の安全対策に必要な書類のことです。安全書類は1種類だけではなく、主要なものだけで20種類にもおよび、人員や関係会社、機械や施工に関わる書類に分類できます。

建設工事の下請け業者は、これらの安全書類を元請けに提出しなければなりません。

よく、先輩が『安全書類がおわらなぁぁぁい!』と横で叫んでますww

種類の中の作業員名簿だけでも、名前の読み方だったり(難しい呼び方の名前の方)、年号を西暦に変換したり、それが10人以上、もしくは20人分一人ずつ時間をかけて作成されています。

グリーンサイトやキャリアアップなどといった、電子化で作成、提出、管理ができるサービスも利用しているのですが、元請会社によっては印刷したもので、管理されているところもあり、何十枚も印刷して、丁寧に1枚ずつ折り提出しています!

先輩の負担を少しでも減らせるように、私も作り方を頑張って覚えたいと思います(^^)

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、私たちの生活に欠かすことのできない、ライフラインの基盤を整備する職業です!!

例えば、河川の堤防、護岸工事などの公共施設や、ダム、橋、港湾、トンネルなど進捗管理を行いながら、責任者に指示を出す仕事です!!

仕事の内容としては、施工計画を作成、工程管理、品質管理、予算管理および安全管理を行なったりと、幅広く、土木工事の現場監督、土木工事に関する監督業務は多岐にわたります!!

土木施工管理技士として活躍するためには、まず様々な現場で実務経験をつみ、様々な視点から現場を管理する知識を身につける必要があります(^^)

施工管理技士について調べてみると、土木以外にもまだまだ載せきれないほどの業務内容がのっていました。興味のある方はぜひ調べてみてください(^^)

▲TOPへ